わたしのことを踏み台にして、その先の景色を見るんだ!

この世のすべては78:22の割合でできている?

画像を表示

 

完璧主義者について情報収集しているときに、ふと出逢ったこの法則
この法則を知って、ものすごく心が楽になった。

78:22の法則とは?

簡単にいうと、この宇宙のあらゆる要素が 78:22 の割合で構成されている。という法則

例えば、
・地球の海の割合は78%に対して陸地が22%
・空気中の成分は、窒素約78%、酸素・二酸化炭素等その他の気体が22%
・人間の体は、水分78%、その他22%
・肺呼吸と皮膚呼吸の割合は78:22
・腸内の善玉菌が78%に対して、悪玉菌が22%が理想的
・足裏の体重負荷率はかかと78%に対して、つま先が22%
・円に外接する正方形は、正方形の面積を100とすると、円の面積は78、残りは22になる
・コカコーラのビンは、縦と横の比率が78:22

この78:22の法則は パレードの法則 として経済にも大きな影響を与えている。

日本マクドナルドを一流企業へと成長させた故・藤田田社長。
彼は、平均的な昼食の予算を1コイン500円と計算し、顧客はそのうち78%を使うと考え、その結果誕生したのが、実際に大ヒットを飛ばした39セット(390円)である。

その他にも、
・会社の売上の8割は、その会社の2割の商品で生み出している
・売上の8割は、2割の従業員が生み出している
・故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある
・所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている
・プログラムの処理に要する時間の8割は、コード全体の2割の部分が占める

など、パレートの考え方は、現在でもマーケティングなどさまざまな分野で応用されている。

また、1つの働きアリの集団のうち、まじめに食料を集めているアリは78%しかおらず、22%の働きアリはサボっている。サボっている22%のアリを集団から隔離すると、まじめに食料を集めていた働きアリの中の22%が新たにサボるアリになる。逆に、まじめに食料を集めいていたアリの数を減らすと、サボっていたアリの中から、まじめに働くアリが現れる。常に78%がまじめに働き、22%がサボる状態になる。
人の社会においても同じことで、集団が大きくなれば集団にそぐわない人が現れる。
22%のサボりアリを取り除いても、新たな22%のサボりアリが現れる。

これを続けていけばその集団は存在できなくなる。

 

人間は78点が満点。 あとの22点は改善点で必要なスペース

この黄金比を無理に壊そうとするのが完璧主義者である。

100%を目指すことが間違っているわけではないが、100%になることはありえない(不要だと感じる22%を取り除こうとすれば、元に戻そうとする力が働くから)
それでも無理やりこの黄金比を壊そうとすれば、“黄金比を壊そうとする存在を壊す力”が働く
完璧主義者は100%にならないことへのいら立ちやストレスから、周りと疎遠になり、やがては精神が崩壊する。
78:22という宇宙の法則の不思議な力により、完璧主義者が “完璧” を成すことはできない(完璧を成す前に自分自身が壊されてしまう。)

わたしたち人間が気づいていないだけで、まだまだ多くのこの黄金比は存在し、世界のバランスを保っている。

この黄金比が崩れ始めると黄金比へ戻ろうとする。

黄金比が元に戻らなければ世界は崩壊することになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です