\ 節約インスタ映え生活 /

※ YouTube と SHOP はただいま工事中です ※

かつては、ものすごく馬鹿にしていた。

 

スターバックスで、Macを開いてカタカタしている人たち。
“出た~意識高い系。つーか家でやれよ。”
スタバにいる私。だろ”ってめちゃくちゃ心の中で思っていた。

しかし、思い切ってやってみると
進む。これまた進む。

今、トールサイズ、ホットのソイラテを頼んだ。
453円。
453円でこんなに集中して、ブログが書けるなら安すぎる。
場所代・雰囲気代込みで453円
ヤバい。

この一週間、家でやろうやろうと思って
一回もパソコンの電源を入れもしなかった。
でも、やりたい・やらなきゃっていう焦りはものすごくあって
そのことで脳の消費量が半端じゃなかった。

人間、やるべきことをしていないときが、一番忙しい。

最近、この言葉を何度も思い出す生活をしている。
このままじゃだめだ。
分かってはいるけど、仕事が終わるとへとへとで、

自分のやりたいことなのにまったく手が出ない。

動けない。

本当はやりたくないのかもって自分を疑ってみたり

それでまた苦しくなる。

自分が分からなくなる。

思い切ってここに来て、
自分が軽蔑していたことをやってみるとものすごい発見があった。

”わたしが集中しやすい環境”だ。
わたしは、とにかく家が好き。
一歩も家から出ずに生活する選手権があれば、進んで立候補する。
だから、在宅ワークにものすごく魅力を感じ、憧れていた。
しかし、いかんせん行動に移せない。
誘惑が多すぎる。

いやいや、わたしは大丈夫ですよ。

所詮家の中で数時間集中(しかも好きなこと)すればいいだけでしょ?
余裕。
と思っていた。
出来ない。出来たためしがない。
一度やりだせば、ハマって何時間も出来ちゃうんだけど
スタート位置につくまでに、とにかく時間がかかる。
ものすごく効率が悪いことに気づく。遅

腰痛ぇ~…(休む)
トイレトイレ(ついでに休む)
あれ?気づいたらこんな時間!お腹すいた(休む)
お腹いっぱい(寝る)

でも、頑固だから“ここまでやりたい欲”は曲げられない。

結局夜更かし

次の日眠い

仕事に支障が出る。

早く帰って寝る(続きはまた今度)

書いてて、自分のことなのにムカついてきた(笑)

‹ 結論 ›
わたしは家が死ぬほど好きだが、家で仕事をすることは死ぬほど向いていない。

今、スタバでこれでもかってぐらいものすごく集中してこの記事書けてる。
(今日だけで記事のアイディアが13個も!)
だから、未来のわたしへのアドバイスも込めてここに書いておこうと思う。

わたしが集中しやすい環境の条件

 

1. 家以外
2. ほどよい雑音
3. 背もたれ
4. パソコンの手触りで癒される
5. Wi-Fi環境とコンセントがあればなおよし
6. 調子乗って窓際に座るのは禁止。(人間観察しちゃって、進まない)
※でも、たまには気分転換&インプットのために許可
7. わたしのトランスモードはトールサイズのホットのコーヒー1杯分
  (それ以上は多分、ネットサーフィンして終わる。)
8. いや、でも家で書いたほうが節約にもなるしっていう考えはいい加減捨てる。
  (家でやると時間の浪費が半端じゃない。
結果的に、コーヒー一杯分払ったほうが質の高い時間を過ごすことができる)

今、頭のなかは“どのタンブラーを買うか”でいっぱい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です